読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポンサーリンク

JASRACが結婚式場で新郎新婦を紹介する楽曲付きの映像などを制作する会社に訴えを出したようだ。

結婚式場で新郎新婦を紹介する楽曲付きの映像などを制作する会社に訴えを出したようだ。 JASRACのやってることはまるで犯罪に近いことだ。

音楽というのは、 音を楽しむものだ。 本来は付加価値をつけてはいけないようなものだが、 アーティストが活動していくためにはやはりお金の流れも必要。 だが、最近はJASRACがこのように汚く音楽業界を汚そうと努力しているようだ。

音楽というのは「音を楽しむ」という意味だろう。 だが、JASRACがその音を楽しむという人間の文化そのものを壊そうとしている。 俺的にはこれは絶対にあり得ないとこだと思う。 JASRACにとって音楽は「音を楽しむ」という意味ではなく、 「音で金稼ぎを楽しむ」という感覚だろう。

独占禁止法など、さまざまな問題を起こしたその会社はそろそろ国から背中を刺されるべき存在と俺は思っている。 世の中の邪魔な会社だろう。 いくらみかじめ料を取れば気が済むのかと思うばかりですね。

スポンサーリンク